ボク、らりんの思いついたことを連ねまする。
by ra_lin
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
らりんメモ
ちょっと、自己紹介。

福岡市内の設計事務所で修行してましたが、某建売業者のサラリーマンを経て、設計事務所にて、マンションの設計に携わっています。

やっと、ベスポジ?

↓リンク↓
h+e(ひーこ)
ギャぷんちょ(ふみちゃん)
きちーだりーめんどくせー(はっしー)
虎穴(にへー)
フォロー中のブログ
死のフチに佇む人
昨日は、東京で働いとる有志が遊びに来とるっちゅうことで、飲みに♪

そしたら、結局、昼ごろまで学校におってしまったw

何を話しよったか解らんほどに、どーでもいい話をしよったみたい。
けど、それがヤメラレナイ


とまあそんなこんなで、今日は眠りに就くハズやったのに、実は、親戚がおるホスピスへお見舞いに行くっちゅうイベントが待っとったみたい…

なんだかんだで、生命保険の話や゛ブッコロス゛などの単語が好きなボクやけど、実際に死を感じる場所が物凄く怖いん。

やけん、どうにかして行きたくなかったけど(僕は一回も会ったことない人やったし)、行ってみると、よく人が言うけど、全く死を感じさせん明るい造りで、ほっと一息。

けど、余命数ヶ月のカラダはモルヒネなしでは、やっていけんらしく、たまに名前が分からなくなったりするそう(今日は調子がよかったらしいけど)。

死のフチに佇む人は何を考えとるんやろう…

終始、和やかムードで死を感じることはなかったんやけど、よく考えるとカウントダウンは始まっとるんよね。

人間、いつ死ぬか分からんし、死はいつも隣り合わせやけど、いつか分からんけん、生きていけるんかな。

カウントダウンはやっぱり怖い。

ボクが宣告されたら、終りを待てるんやろか。


はい、かなり重い感じになってしまいました。
[PR]
by ra_lin | 2005-06-19 17:09 | 日常
<< 流星ワゴン あふれてました、愛が >>